オラクルマスターPlatinum

スポンサード リンク

ORACLE MASTER 資格概要

オラクルマスターは、世界で高いシェアと評価を受けているリレーショナル・データベースに関する技術者を認定する資格です。情報処理のベンダー資格の中では、比較的ポピュラーで知名度もあり、関連書籍も数多く出版されています。

オラクルマスターの資格(データベース管理者)は、難易度に応じて4つに分かれた、積み上げ式の資格制度となっています。入門レベルのBronzeから、Silver、Gold、最上位のPlatinumまで、段階的なステップアップが可能です。

2003年10月の制度改定以降は、世界共通の認定資格「Oracle Certification Program(OCP)」 に準拠し、Silver以上の資格取得者は、それぞれ対応するOCPレベルに自動認定されます。

オラクル認定資格制度(Oracle University) oraclemaster

プラチナはデータベースのエキスパート管理者

Platinumは、オラクルデータベースの最上級レベルの資格に該当します。データベース管理・運用部門の最上位の資格で、運用面の適切なアドバイスや、効率的な運用・管理・指導ができると認定されたことになります。この資格の取得者は同時に、Oracle本社が認定する世界共通のグローバル資格である「Oracle Certified Master」(OCM)に認定されます。

Recertification(再認定) ポリシー

2014年11月1日から、データベース管理資格を対象に、Recertification(再認定)ポリシーが導入されました。

オラクル認定資格制度:データベース管理資格を対象にRecertification(再認定) を導入(2014年11月1日~)

  • Oracleデータベース管理資格のバージョンごとに、「資格の終了日」が設定されます。
  • 終了日が過ぎてから1年以内に、最新バージョン(*1)の資格にアップグレードすれば、資格の更新が完了します。
  • 終了日から1年以内は、最新バージョン(*1)へのアップグレード試験の配信が保障されています。
  • 終了日から1年が経過したバージョンの資格は失効となり、認定証や認定ロゴの使用は認められません。
  • 取得済み資格のステータスが失効(Inactive)になった場合でも、最新バージョン(*1)へのアップグレード試験配信が終了するまでは、その資格をアップグレードすることにより、資格のステータスを再び有効(Active)にできます。

(*1)現時点での最新バージョンは、Oracle Database 11g / 12cです。

ここをタップして表示Close
バージョン資格の終了日ステータスの有効期限日
Oracle Datebase 8i / 9i2014年11月1日2015年10月31日
Oracle Datebase 10g2015年3月1日2016年2月29日
Oracle Datebase 11g
Oracle Datebase 12c

ORACLE MASTER Platinum 認定までの流れ

オラクルマスタープラチナを取得するためには、二日間の実技試験に合格する必要があります。さらに、要履修コース(2コース)の受講が必要になります。

STEP1:前提資格

「オラクルマスターGold」を保有していること。

STEP3:オラクル研修受講(2回)

オラクルが指定したコースを2つ受講する必要があります。11gPlatinumの要履修コースは以下の通りです。
(2015年7月現在)

ここをタップして表示Close
研修名価格(税込)日数
Oracle Database 11g R2: Data Guard 管理385,344円4日
Oracle Grid Infrastructure 11g R2: クラスタ&ASM管理385,344円4日
Oracle Database 11g R2: RAC管理289,008円3日
Oracle Database 11g: RAC 構築と運用481,680円5日
Oracle Database 11g: パフォーマンス・チューニング385,560円5日
Oracle Database 11g: SQL チューニングワークショップ231,336円3日
Oracle Database 11g: バックアップ・リカバリ231,336円3日
ORACLE MASTER 11g Platinum 特訓385,560円5日
Exadata and Database Machine 管理ワークショップ385,560円3日
注意

対象コースは変更されることがあります。最新の情報は、オラクル認定資格制度(Oracle University)で確認してください。

STEP4:Platinum実技試験に合格

試験名称ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験
試験時間2日間
合格ライン非公開
受験料(税込)257,040円

※試験の内容は変更されることがあります。最新の情報はオラクル認定資格制度(Oracle University)で確認してください。

要履修コースのオススメは?

プラチナの認定には要履修コースを2回受講する必要がありますが、オススメはORACLE MASTER 11g Platinum特訓です。

この研修は、プラチナ受験者の必須の研修と言っても差支えないかと思います。なんと言っても、本番試験相当の環境に触れられるといったところが最大のメリットです。また講師の方からは、実際の試験でつまづきやすいポイントなど、耳よりな情報を入手できるかも?しれません。

CheckPlatinum特訓に行ってきました
ORACLE MASTER 11g Platinum特訓 1/5ORACLE MASTER 11g Platinum特訓 1/5
オラクルマスターPlatinum11g特訓コースに行ってきました。研修会場は日本オラクル本社の南青山ビルで、研修期間は11/7(月)~11/11(金)の5日間、本日が研修初日でした。研修の具体的な内容については伏せますが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

 

残りの一つは、Platinum特訓の範囲外であるRACのコースを受講するのが良いかと思います。ちなみに11gのRACコースは、「Oracle Grid Infrastructure11gR2クラスタ&ASM管理」と「Oracle Database 11g R2 RAC管理」の2コースに分かれています。もともとは一つのコースだったものを分割しているので、両方受講するのがベストですが、どちらか一つしか受講できないという場合は、Oracle Grid Infrastructure11gR2クラスタ&ASM管理の方をオススメします。

ORACLE MASTER Platinumの勉強方法

ここでは、私がどのようにプラチナ試験の勉強をしたのかを紹介したいと思います。

プラチナ試験は実技試験ですので、まずは試験環境をVM上に構築しました。おそらくプラチナを受験する方は、要履修コースのうち「Platinum11g特訓コース」を受講されると思います。後は、VM上に構築した環境で、プラチナ11g特訓コースの演習内容をひたすら繰り返し実施しました。はじめのうちは回答を見ないと解けませんでしたが、繰り返し演習するうちにマニュアルのみでいけるようになりました。一通り演習が終わり、環境をリフレッシュする前に、データファイルや制御ファイルを破壊してみて、リストアも何通りか実施しました。演習を実施しては初期化の繰り返しですので、仮想環境構築後にバックアップを取得しておくのがオススメです。

後はマニュアルを素早く引く練習ですね。プラチナの試験範囲は公式ページにチェックリストとして公開されているので、各トピックがマニュアルのどこらへんに記載されているのかをひたすら覚えました。本番試験ではインターネットに接続して検索なんてできませんので、マニュアルから問題解決できることが重要となってきます。

 

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

認証:答えを半角数字で入力して下さい *

スポンサーリンク

VMテンプレートでOracle実行環境を入手しよう!

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド
注目!
13196

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド

目次1 はじめに2 環境概要3 Virtual Boxのインストール4 Virtual Box用仮想マシンイメージのダウンロード5 仮想マシンイメージのインポート6 仮想マシンイメージのインポート後のカスタマイズ はじめに Virtual Box用の仮想マシンイメージを使って、Virtual Box上にOracle12cR1を構築していきます。環境が事前構築済みのため、VMイメージをVirtual...

環境構築

最近の投稿

Oracle12cR1 RACインストール
3189

Oracle12cR1 RACインストール

目次1 環境2 メディア・ダウンロード3 インストール前の事前準備作業3.1 Oracle Preinstallation RPMのインストール3.2 必要なグループおよびユーザーの作成3.3 必要なソフトウェア・ディレクトリの作成3.4 ...
Return Top