オラクルマスターSilver

スポンサード リンク

ORACLE MASTER 資格概要

オラクルマスターは、世界で高いシェアと評価を受けているリレーショナル・データベースに関する技術者を認定する資格です。情報処理のベンダー資格の中では、比較的ポピュラーで知名度もあり、関連書籍も数多く出版されています。

オラクルマスターの資格(データベース管理者)は、難易度に応じて4つに分かれた、積み上げ式の資格制度となっています。入門レベルのBronzeから、Silver、Gold、最上位のPlatinumまで、段階的なステップアップが可能です。

2003年10月の制度改定以降は、世界共通の認定資格「Oracle Certification Program(OCP)」 に準拠し、Silver以上の資格取得者は、それぞれ対応するOCPレベルに自動認定されます。

オラクル認定資格制度(Oracle University) oraclemaster

シルバーはデータベースの中級管理者

Silverは、オラクルデータベースの中級管理レベルの資格に該当します。Oracle Databaseのインストールや環境構築、バックアップリカバリなど、大規模データベースの管理者として必要な知識を持つ技術者として認定されます。この資格の取得者は同時に、Oracle本社が認定する世界共通のグローバル資格であるOracle Certified Associate(OCA)に認定されます。

Recertification(再認定) ポリシー

2014年11月1日から、データベース管理資格を対象に、Recertification(再認定)ポリシーが導入されました。

オラクル認定資格制度:データベース管理資格を対象にRecertification(再認定) を導入(2014年11月1日~)

  • Oracleデータベース管理資格のバージョンごとに、「資格の終了日」が設定されます。
  • 終了日が過ぎてから1年以内に、最新バージョン(*1)の資格にアップグレードすれば、資格の更新が完了します。
  • 終了日から1年以内は、最新バージョン(*1)へのアップグレード試験の配信が保障されています。
  • 終了日から1年が経過したバージョンの資格は失効となり、認定証や認定ロゴの使用は認められません。
  • 取得済み資格のステータスが失効(Inactive)になった場合でも、最新バージョン(*1)へのアップグレード試験配信が終了するまでは、その資格をアップグレードすることにより、資格のステータスを再び有効(Active)にできます。

(*1)現時点での最新バージョンは、Oracle Database 11g / 12cです。

ここをタップして表示Close
バージョン資格の終了日ステータスの有効期限日
Oracle Datebase 8i / 9i2014年11月1日2015年10月31日
Oracle Datebase 10g2015年3月1日2016年2月29日
Oracle Datebase 11g
Oracle Datebase 12c

ORACLE MASTER Silver 認定までの流れ

新規取得パス

オラクルマスターSilverを取得するには、Silverの「DBA試験」に合格する必要があります。Bronzeは、「SQL試験」と「DBA試験」の二科目でしたが、Silverは「DBA試験」の一科目のみとなります。また、オラクルマスターは積み上げ式の資格制度ですので、Bronzeに合格していることがSilver認定の前提条件となります。

STEP1:前提資格

  • ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c
  • ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g

STEP2:「DBA試験」に合格

ここをタップして表示Close
Silver DBA11gSilver DBA12c
試験番号1Z0-0521Z0-062
試験時間90分150分
出題数70問95問
合格ライン
%
%
注意

試験内容は変更されることがあります。最新の情報は、オラクル認定資格制度(Oracle University)で確認してください。

STEP3:ORACLE MASTER Silverに認定

「DBA試験」に合格すると、ORACLE MASTER Silverに認定されます。試験結果の確認や、資格ロゴのダウンロードなどは、CertView(オラクル認定資格情報ポータルサイト)で行います。CertView上に試験結果が反映されるまでに、試験終了後から約30分ほどかかります。

Check!認定キットの自動送付サービスの終了

「PDF形式の認定証」の導入に伴い、2013年10月30日以降、認定キットの自動送付サービスは終了しました。 認定キットを郵送して欲しい人は、資格認定時に送信されるメール記載の専用フォームよりログインし、「認定キットの郵送サービスへのお申し込み」画面にて申請しましょう。

移行パス

Silver 12c への移行

STEP1:前提資格

  • ORACLE MASTER Silver Oracle Database 11g
  • ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g

STEP2:「DBA試験」に合格

ここをタップして表示Close
Silver DBA12c
試験番号1Z0-062
試験時間150分
出題数95問
合格ライン
%

STEP3:ORACLE MASTER Silverに認定

前提資格を満たして「DBA試験」に合格すると、ORACLE MASTER Silverに認定されます。試験結果の確認や、資格ロゴのダウンロードなどは、CertView(オラクル認定資格情報ポータルサイト)で行います。CertView上に試験結果が反映されるまでに、試験終了後から約30分ほどかかります。

Silver 11g への移行

STEP1:前提資格

  • ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g

STEP2:「DBA試験」に合格

ここをタップして表示Close
Silver DBA11g
試験番号1Z0-052
試験時間90分
出題数70問
合格ライン
%

STEP3:ORACLE MASTER Silverに認定

前提資格を満たして「DBA試験」に合格すると、ORACLE MASTER Silverに認定されます。試験結果の確認や、資格ロゴのダウンロードなどは、CertView(オラクル認定資格情報ポータルサイト)で行います。CertView上に試験結果が反映されるまでに、試験終了後から約30分ほどかかります。

認定から約1ヶ月ほどで、自宅にSilverの認定証が郵送されてきます。認定証は自動で郵送されてきますので、特に手続き等は必要ありません。

オラクル受験チケットを格安で入手しよう!

オラクルマスターの受験には受験チケットが必要です。オンライン試験と会場試験用で、受験チケットの種類が違うので、注意が必要です。

ここをタップして表示Close
受験チケットの種類価格(税抜)価格(8%税込)
Oracle認定資格 会場試験用26,60028,728

受験チケットの購入は、IT試験ドットコム楽天支店が安くてオススメです。

ORACLE MASTER Silverの勉強方法

ここでは私が実践した勉強方法をご紹介します。私がオラクルマスターSilverの勉強に使用した参考書は、オラクルマスタースタディガイドの白本です。参考書だけでは不安だったので、システム・テクロノジー・アイのiStudyeのeラーニングも併用しました。

iStudyのeラーニングでは、問題に関する質問や診断サービスを学習期間内に無料で受けることができます。また、iStudy Workplace アプリで、通勤通学中にも学習することが可能です。問題数も多いですし、出題傾向も本試験にかなり近い感じでした。万全を期したい方にはオススメです。

Web問題集で実力チェック

無料のWeb問題集を用意しました。オラクルマスターの試験勉強に、ぜひご利用ください。

ORACLE MASTER Web問題集ORACLE MASTER Web問題集
今までに一度も正答していない問題だけが出題される「完全攻略モード」と、苦手な問題が優先的に出題される「徹底復習モード」の2種類あります。各試験ごとに総問題数100問、出題数は30問となります。対象試験:1Z0-018(Bronze DBA11g)、1Z0-052(Silver DBA11g)。試験問題は順次追加していきます。

オススメの参考書・問題集

コメント:オラクルマスター参考書の定番「黒本」です。株式会社システム・テクノロジー・アイが提供する、本書読者限定版「iStudy LE Web版」による、Webブラウザを使ったCBT形式の学習が特徴です。

 

コメント:データベース初心者にも分かりやすく解説されている良書です。試験に出題される重要なポイントを抜粋して記載してある確認リストは、受験直前の再確認にとても役に立ちます。

仮想環境にOracle Databaseをインストールしてみよう!

オラクルマスターの学習は、実機を触るのが一番です。

これだけは、はっきり断言できます。たしかに書籍のみの学習だけでも、理論や仕組みを理解できるかも知れませんが、いざ、実際に現場でOracleに触れたときに、本で得た知識だけでは通用しないことが多々あります。実機に触れた経験がものを言います。また、実機を操作することで、Oracleに対する理解度をより高めることができます。

でも、Oracleのインストールって難しそうだよなぁ~って思ってませんか?

心配不要です!!

Virtual Box用のVMテンプレートで、誰でも簡単にオラクルの実行環境を構築することができます。

インストール方法を記事にまとめたので、皆さんも是非チャレンジしてみてください。

Oracle Linux5.9をVMware PlayerにインストールVirtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド
Virtual Box用の仮想マシンイメージを使ってOracle12cR1の構築を解説しています。環境が事前構築済みのため、VMイメージをVirtual Boxにインポートするだけで、すぐにOracle Databaseが使用できます。初心者の方でもOracle Databaseの環境を簡単に構築することができます。

 

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

認証:答えを半角数字で入力して下さい *

スポンサーリンク

VMテンプレートでOracle実行環境を入手しよう!

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド
注目!
14117

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド

目次1 はじめに2 環境概要3 Virtual Boxのインストール4 Virtual Box用仮想マシンイメージのダウンロード5 仮想マシンイメージのインポート6 仮想マシンイメージのインポート後のカスタマイズ はじめに Virtual Box用の仮想マシンイメージを使って、Virtual Box上にOracle12cR1を構築していきます。環境が事前構築済みのため、VMイメージをVirtual...

環境構築

最近の投稿

Oracle12cR1 RACインストール
3649

Oracle12cR1 RACインストール

目次1 環境2 メディア・ダウンロード3 インストール前の事前準備作業3.1 Oracle Preinstallation RPMのインストール3.2 必要なグループおよびユーザーの作成3.3 必要なソフトウェア・ディレクトリの作成3.4 ...
Return Top