ターゲット・ホストに EM Management Agent 13.1.0.0をインストール

スポンサード リンク

環境

ターゲット・ホストにOracle Management Agent 13cをインストールして、EMCC13Cで管理できるようにします。

■ Oracle Enterprise Manager Cloud Controlホスト
  • OS:Oracle Linux 7.2
  • DB:Oracle Database 12.1.0.2
  • ホスト名:emcc
■ ターゲット・ホスト
  • OS:Oracle Linux 6.8
  • DB:Oracle Database 11.2.0.4
  • ホスト名:11gR2

EM Management Agent 13.1.0.0 インストール

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlのメニュー画面から、「設定」→「ターゲットの追加」→「ターゲットの手動追加」をクリック。 image1280

 

「ホストにエージェントをインストール」をクリック。 image1281

 

追加ボタンを押して、ホスト名とプラットフォームを入力してから、次へを選択。
  • ホスト:11gR2
  • プラットフォーム:Linux x86-64
image1282

 

インストール・ディレクトリを入力します。
  • インストールのベース・ディレクトリ:/u01/software/em13c/agentbasedir
  • インスタンス・ディレクトリ:/u01/software/em13c/agentbasedir/agent_inst
注意

ターゲット側のOracleユーザに、パスワードなしのsudo権限を付与していないと、この後のチェックでワーニングがでます。(手動でrootスクリプト実行でも可)

image1283

 

「エージェントのデプロイ」をクリック。

注意

ターゲット側のホストからEMCC13c側のホスト名の名前解決ができないと、インストールに失敗します。

image1284

 

エージェントのインストールが終わったら「完了」をクリック。 image1286

 

ホストに追加されました。この後、データベースも追加していきます。 image1287

 

メニュー画面から、「ターゲット」→「データベース」→「追加」→「Oracleデータベース」をクリック。 image1288

 

ホスト名を指定します。 image1289

 

dbsnmpユーザのパスワードを入力して、ターゲットにチェックを入れて次へをクリック。

注意

dbsnmpアカウントがロックされている場合はアンロックしてください。

image1290

 

「保存」をクリックしてターゲットを追加します。 image1292

 

データベースに追加されました。 image1293

 

image1294

 

ホストのステータスが、「ターゲット・データは現在リポジトリにアップロード中です。」で見れない場合、下記コマンドを実行します。

 

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

認証:答えを半角数字で入力して下さい *

スポンサーリンク

VMテンプレートでOracle実行環境を入手しよう!

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド
注目!
14926

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド

目次1 はじめに2 環境概要3 Virtual Boxのインストール4 Virtual Box用仮想マシンイメージのダウンロード5 仮想マシンイメージのインポート6 仮想マシンイメージのインポート後のカスタマイズ はじめに Virtual Box用の仮想マシンイメージを使って、Virtual Box上にOracle12cR1を構築していきます。環境が事前構築済みのため、VMイメージをVirtual...

環境構築

最近の投稿

Oracle12cR1 RACインストール
4044

Oracle12cR1 RACインストール

目次1 環境2 メディア・ダウンロード3 インストール前の事前準備作業3.1 Oracle Preinstallation RPMのインストール3.2 必要なグループおよびユーザーの作成3.3 必要なソフトウェア・ディレクトリの作成3.4 ...
Return Top