OPatchの使い方

スポンサード リンク

Oracle Databaseのバージョン番号

OPatchの前にOracle Databaseのバージョン番号について押さえておきましょう。

SQL*Plusに接続すると表示される5桁の数字(12.1.0.2.0)がバージョン番号です。

 

v$versionからも確認可能です。

 

5桁の数字の意味ですが、以下の通りとなっています。

  • 左から1番目:メジャー・バージョン番号
  • 左から2番目:メンテナンス・リリース番号
  • 左から3番目:DBでは使用しません(アプリケーション・サーバー用)
  • 左から4番目:PSR(パッチセット)識別番号
  • 左から5番目:プラットフォーム固有のメンテナンス番号(PSU, SPU(CPU), Bundle Patches)

基本的にOracle Databaseのメディアなどは、4桁目のPSR単位(12.1.0.1や12.1.0.2など)で配布されています。5桁目のPSUは重要な修正を含んだ集積パッチで、四半期毎に提供されます。

実はこの5桁目の番号は、先ほどのSQL*Plusの画面やv$versionから確認することはできません。(常に0で表示されます)

5桁目のPSUはOPatchユーティリティを使って確認します。

opatch lsinventoryコマンドで、インストールされているパッチを確認します。

この環境はOPatchのバージョンが12.1.0.1.3で、データベースが12.1.0.2.0、パッチは何も当たっていないことが分かります。

OPatchでパッチを適用する

OPatchを最新化する

データベースにパッチを適用する前にまずOPatch自体を最新化します。

My Oracle Support(要サポート契約)からOPatchの最新版をダウンロードします。 $ORACLE_HOMEにzipファイルを配置します。

 

更新は簡単です。OPatchフォルダをリネームしてから、zipファイルをunzipするだけです。

 

opatch versionコマンドでOPatchのバージョンを確認します。

 

OPatchのバージョンが12.1.0.1.3から12.1.0.1.8に更新されました。

データベースにPSUを適用する

My Oracle Support(要サポート契約)からPSUをダウンロードします。 ダウンロードしたPSUファイルをunzipします。

 

解凍すると数字だけのフォルダが作成されるので、そこにcdします。

 

パッチ競合が起こらないか事前チェックします。

 

opatch applyコマンドでパッチを適用します。

 

最後にPSUが適用されたかopatch lsinventoryコマンドで確認しておきましょう。

 

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

認証:答えを半角数字で入力して下さい *

スポンサーリンク

VMテンプレートでOracle実行環境を入手しよう!

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド
注目!
11730

Virtual Box用仮想マシンイメージを使ったOracle12cR1構築ガイド

目次1 はじめに2 環境概要3 Virtual Boxのインストール4 Virtual Box用仮想マシンイメージのダウンロード5 仮想マシンイメージのインポート6 仮想マシンイメージのインポート後のカスタマイズ はじめに Virtual Box用の仮想マシンイメージを使って、Virtual Box上にOracle12cR1を構築していきます。環境が事前構築済みのため、VMイメージをVirtual...

環境構築

最近の投稿

Oracle12cR1 RACインストール
2234

Oracle12cR1 RACインストール

目次1 環境2 メディア・ダウンロード3 インストール前の事前準備作業3.1 Oracle Preinstallation RPMのインストール3.2 必要なグループおよびユーザーの作成3.3 必要なソフトウェア・ディレクトリの作成3.4 ...
Return Top